しんきんインデックスファンド225

運用会社 しんきんアセットマネジメント投信

ファンドの特色

  1. わが国の株式市場に動きと長期成長をとらえることを目標に日経平均株価(日経225)に連動する投資成果の獲得を目指すインデックス型のファンドです。
    当ファンドは、原則として日経平均株価(日経225)に採用されている銘柄の中から200銘柄以上に等株数投資を行います。
  2. 株式(株価指数先物取引を含みます。)の組入れ比率は、高位を保ちますので基準価額は大きく変動することがあります。
    株価指数先物取引当の派生商品の活用により、取引コストを低減させ、日経平均株価(日経225)との連動性の向上を図ります。

主な投資リスク

「しんきんインデックスファンド225」は、株式など値動きのある資産に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、元本は保証されているものではありません。投資信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。

投資家の皆様におかれましては、投資信託説明書(目論見書)をよくお読みいただき、当ファンドの内容・リスクを十分にご理解のうえお申込くださいますようお願いします。

ファンドの基準価額は、以下の要因等により変動する場合があります。

  1. 価格変動リスク
    株価は、政治・経済情勢、発行企業の業績、市場の需給等を反映して、短期的・長期的に大きく変動します。組入銘柄の株価が下落した場合には、基準価額が下落する要因となります。
  2. 信用リスク
    株式、公社債の発行企業が経営不安、倒産等に陥った場合、またその可能性が高まった場合には、当該発行企業が発行する証券および短期金融商品の価格は下落 します。場合によっては投資資金が回収できなくなることもあります。組入証券等がこうした状況に陥った場合、基準価額が下落する要因となります。
  3. 流動性リスク
    有価証券を売買する際に、需給動向により有価証券を希望する時期、価格で売買することができなくなるリスクをいいます。当ファンドが投資する有価証券の流動性が損なわれた場合には、基準価額が下落する要因となります。
  4. 価格乖離リスク
    ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行います。ファンドの目的と方針が一致するように運用指図は行われますが、 ファンドの投資成果と日経平均株価(日経225)の動きに乖離が生じます。乖離が生じる主な原因は以下のとおりです。
    1. 株式・株価指数先物取引等に対する売買委託手数料および売買委託手数料に対する消費税、信託報酬、監査費用等のコストを負担することによる影響
    2. 追加設定、解約に伴う株式の買付、売却のタイミング差による影響
    3. 株式配当金の受取りによる影響
    4. 運用の効率を図るため先物取引を活用することから、現物と先物の動きが連動していない場合の影響
    5. 株式先物も含めた実質的な株式組入比率が100%とならない場合の影響
    6. 組入銘柄の選定に伴う基準価額への影響
  5. 留意点
    金融商品取引所における取引停止、その他やむを得ない事情があるときは、お買付およびご換金の申込みを中止することがあります。この場合、受益者は当該受 付中止以前に行った当日のお買付けおよびご換金の申込みを撤回することができます。受益者がその申込みを撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の 最初の基準価額の計算日にお申込みを受付けたものとして取扱います。

※上記記載のリスクは当ファンドに係るすべてのリスクを完全に網羅しているわけではありませんのでご留意ください。

お客様にご負担いただく費用

  1. 申込手数料(消費税込):ありません
  2. 信託報酬(消費税込):純資産総額に対して年率0.864%(税抜0.80%)
  3. 信託財産留保額:ありません

<取扱商品一覧へ

  • えんしん経営者クラブ
  • お役立ちリンク集
  • faavo静岡
  • 浜松スペシャリスト
  • マイナンバー
  • えんしん地域サポート
  • 静岡県西部地域しんきん経済研究所
  • 自宅からネットが便利 e-Tax
  • はままつ太陽光発電 パートナーシップ協定
  • 預金保険機構

ページの先頭へ